R35

個人輸入代行で買える「安心・安全」なおくすりだけを厳選して紹介しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

ホルモンバランスを安定させます「プリモルトN」

 

 品説明

 Bayer(バイエル)社のプリモルトNは、黄体ホルモンの不足やホルモンバランスのくずれから生じる生理不順・無月経の治療や、不妊治療、月経周期の変更(短縮・延長)などに使用します。プリモルトNはノルエチステロンを成分とした「ノアルテン」のジェネリックです。

黄体ホルモンのプロゲステロンは、女性の卵巣の黄体から分泌される女性ホルモンで、月経周期を決めるなど妊娠の準備と妊娠状態の維持に働きます。そのプロゲステロンと似た働きをする成分のノルエチステロンは、黄体ホルモンの不足やホルモンバランスのくずれなどの改善をする働きがあります。 

プリモルトNは、黄体ホルモンのプロゲステロンをノルエチステロンで代替し補充することによりホルモンバランスを安定させます。

 

 

果を調べてみた

 プロゲステロンの不足により生じる機能不全性出血、子宮内膜症月経前症候群、月経過多などの治療

法を調べてみた

 下記はあくまで目安であり、用法用量は症状及び個人によって異なります。必ず服用時は医師の指示に従ってください。
通常成人は、プリモルトとして1日5mg(1錠)から10mg(2錠)を1~2回経口服用します。
月経周期延長の場合は、1日5mg(1錠)を月経予定5日前から服用し始め、月経周期延長希望日まで連続服用します。
月経周期短縮の場合は、1日5mg(1錠)を卵胞期に服用し、数日間連続服用します。

意事項を調べてみた

 ・肝疾患のある方は、使用しないでください。
・妊娠中・妊娠の可能性のある方は、使用しないでください。
・心疾患、腎疾患の方、及びその既往歴のある方は、医師に相談のうえ慎重に服用してください。
・他の薬と併用される場合は、医師・薬剤師に確認をしてからご利用ください。
・服用し忘れた場合は、気付いたときに服用してください。ただし、次の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばし、次回分から服用し、2回分を1度に服用しないでください。

作用を調べてみた

 主な副作用
発疹、肝機能異常、むくみ、体重増加、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、腹痛、不正出血、破たん出血、点状出血、経血量の変化、下腹部痛、乳房緊満感、乳房痛、頭痛、眠気、ざ瘡、熱感、腰痛、倦怠感

極稀に起こる重篤な副作用
アナフィラキシー様症状(呼吸困難、じんましん、血管浮腫、そう痒感など)

分を調べてみた

 ノルエチステロン 5mg

◆日本名・その他

 

 

f:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plain

 クチコミ総数020件

f:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plain

◆レビュー等さらに詳しい情報は

商品画像からお願い致します。

 

f:id:tsmr9982:20180918093423p:plain