R35

個人輸入代行で買える「安心・安全」なおくすりだけを厳選して紹介しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

興奮を抑え幻覚や妄想を抑えま「エビリファイ 10mg」

 

 品説明

 Abdi Ibrahim社のエビリファイは、抗精神病薬です。薬効成分であるアリピプラゾールを10mg含有しています。

エビリファイは興奮を抑え幻覚や妄想を抑えます。意欲の低下などの症状を改善し、気分を安定させる薬です。また、エビリファイは抑えることのできない感情の高まりや行動を引き起こす、そう状態を抑え、気分を安定させます。

エビリファイの薬効成分・アリピプラゾールは、脳の中の感情をコントロールする部分に働いて、神経に興奮を伝達する物質が特定の部分に結びつくのをブロックすることで感情を抑えます。幻覚・妄想を抑えるとともに、意欲低下などの症状を改善して、気分を安定化させます。

エビリファイは、DSS(ドパミン受容体部分刺激薬)と呼ばれる薬で、ドパミン作動性神経伝達が過剰状態のときはドパミン受容体遮断薬として、不足状態のときはドパミン受容体刺激薬として働き、ドパミン神経伝達をほど良く調節します。

 

 

果を調べてみた

 統合失調症
双極性障害における躁症状の改善
うつ病うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)

法を調べてみた

 統合失調症
通常、成人にはアリピプラゾールとして1日6~12mg(0.6~1.2錠)を開始用量、1日6~24mg(0.6~2.4錠)を維持用量とし、1回又は2回に分けて経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は30mg(3錠)を超えないこと。
双極性障害における躁症状の改善
通常、成人にはアリピプラゾールとして12~24mg(1.2~2.4錠)を1日1回経口投与する。なお、開始用量は24mg(2.4錠)とし、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は30mg(3錠)を超えないこと。
うつ病うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)
通常、成人にはアリピプラゾールとして3mg(0.3錠)を1日1回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、増量幅は1日量として3mg(0.3錠)とし、1日量は15mg(1.5錠)を超えないこと。

意事項を調べてみた

 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
本剤を服用し始めてしばらくは、急に立ち上がると、めまいや気を失うことがあるので、特に起床時・朝などはゆっくりと起き上がるよう心掛けてください。
本剤の服用中にのどが渇く、水をたくさん飲む、トイレに頻回行くなどの高血糖の症状がある場合や血糖値の高い方は速やかに医師へその旨をご相談ください。
糖尿病の方は本剤服用前に必ず医師へご相談ください。
本剤の服用により体重が増えることがあるので、食事内容を改善したり、運動をするなど心掛けてください。
アドレナリンを使用中の方は本剤を服用しないでください。
本剤の服用中にアルコールを飲むと薬の作用が強く出るので控えてください。
本剤を服用中は頻回に血糖値測定を受診されることを推奨いたします。

作用を調べてみた

 不眠、不安、食欲不振、体重減少、嘔吐

分を調べてみた

 アリピプラゾール 10mg

◆日本名・その他

 アリピプラゾール(日本ジェネリック、共和薬品工業、大原薬品、高田製薬、ニプロESファーマ日医工キョーリンリメディオ、武田テバファーマ、東和薬品、高田製薬、MeijiSeikaファルマ、武田テバファーマ、ニプロ、沢井製薬、大原薬品工業、ニプロESファーマ陽進堂)、エビリファイ大塚製薬

 

f:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plain

 クチコミ総数019件

f:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plain

◆レビュー等さらに詳しい情報は

商品画像からお願い致します。

 

f:id:tsmr9982:20180918093423p:plain