R35

個人輸入代行で買える「安心・安全」なおくすりだけを厳選して紹介しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

うつ病・うつ状態の症状を改善「ベンロールXR(イフェクサーSRジェネリック)」

 

 品説明

 Cipla社のベンロール-XR(Venlor-XR)は、うつ病うつ状態の症状を改善する働きがあり、イフェクサーSRのジェネリック商品です。ベンロール-XRに配合されているベンラファキシンは、セロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)として使用されている成分です。

SNRIとは抗うつ薬の種類の1つで、シナプスにおけるセロトニンノルアドレナリンの再吸収を阻害することで、神経伝達物質の濃度を増加させる働きがあります。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)では、セロトニンのみの再吸収を阻害するのに対し、SNRIではノルアドレナリンの再吸収も阻害することにより興奮神経を刺激し、セロトニンノルアドレナリンの作用を高め、バランス良く増加させることで、うつ症状の改善をすることが期待できます。ノルアドレナリンの作用が高まると興奮神経が刺激されるため、中・高度のうつ病の方の治療に効果があるとされています。

ベンロール-XRは、三環系・四環抗うつ剤と比べ効果が強く副作用が比較的少ないことが特徴で、セロトニンノルアドレナリンの作用を高めることで、抗うつ作用があり、うつ病の症状を改善したい方に適した薬です。

 

 

果を調べてみた

 うつ病うつ状態

法を調べてみた

通常、成人にはベンラファキシンとして1日37.5mg(0.25カプセル)を初期用量とし、1週後より1日75mg(0.5カプセル)を1日1回食後に経口投与する。なお、年齢、症状に応じ 1日225mg(1.5カプセル)を超えない範囲で適宜増減するが、増量は 1週間以上の間隔をあけて 1日用量として75mg(0.5カプセル)ずつ行うこと。

 意事項を調べてみた

 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。
※2回分を一度に服用しないこと。

本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
薬剤を服用中の方、治療中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
妊娠中・妊娠の可能性のある方、授乳中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
室温で保管してください。

■以下の方は本剤を使用しないでください。
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤を投与中あるいは投与中止後2週間以内の方
重度の肝機能障害(Child-Pugh分類C)のある方
重度の腎機能障害(糸球体ろ過量15mL/min未満)のある方又は透析中の方

作用を調べてみた

 セロトニン症候群、悪性症候群、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、QT延長、心室頻拍、心室細動、痙攣、アナフィラキシー、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑、横紋筋融解症、無顆粒球症、再生不良性貧血、汎血球減少症、好中球数減少、血小板数減少、間質性肺疾患、高血圧クリーゼ、尿閉

傾眠、不眠症、頭痛、浮動性めまい、悪心、嘔吐、口内乾燥、腹部不快感(腹痛、膨満、便秘等)、下痢、調節障害、動悸、肝機能検査値異常(ALT(GPT)・AST(GOT)・γ-GTPLDH・Al-P・血中ビリルビンの上昇等)、排尿困難、体重減少、発汗(寝汗等)、無力症(疲労、倦怠感等)などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

分を調べてみた

 ベンラファキシン 150mg

◆日本名・その他

 イフェクサーSR(ファイザー

 

f:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plain

 クチコミ総数028件

f:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plain

◆レビュー等さらに詳しい情報は

商品画像からお願い致します。

 

f:id:tsmr9982:20180918093423p:plain