R35

個人輸入代行で買える「安心・安全」なおくすりだけを厳選して紹介しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

注意欠如多動性障害(ADHD)の治療薬「ストラテラ」

 

 

 品説明

 ストラテラは有効成分のアトモキセチンを含有する、注意欠如多動性障害(ADHD)の治療薬です。有効成分・アトモキセチンは、日本国内で承認されているストラテラカプセルと同一です。

ストラテラは、物事に集中できない、うっかりした間違いをしやすい、落ち着きがない、思いついた行動を唐突に行うなどの症状を改善する薬です。

ストラテラの有効成分であるアトモキセチンは、選択的にノルアドレナリントランスポーターに結合します。神経伝達物質であるノルアドレナリンの再取り込みを阻害することで、シナプス神経細胞間の接合部位)間隙中のノルアドレナリンを増加させ、神経系の機能を亢進します。

アトモキセチンは、中枢刺激薬とは異なった機序で、注意欠如多動性障害(ADHD)を改善する薬剤です。

 

 

果を調べてみた

 注意欠陥・多動性障害(AD/HD)

法を調べてみた

 18歳未満の患者
通常、18歳未満の患者には、アトモキセチンとして1日0.5mg/kgより開始し、その後1日0.8mg/kgとし、さらに1日1.2mg/kgまで増量した後、1日1.2~1.8mg/kgで維持する。
ただし、増量は1週間以上の間隔をあけて行うこととし、いずれの投与量においても1日2回に分けて経口投与する。
なお、症状により適宜増減するが、1日量は1.8mg/kg又は120mgのいずれか少ない量を超えないこと。
18歳以上の患者
通常、18歳以上の患者には、アトモキセチンとして1日40mgより開始し、その後1日80mgまで増量した後、1日80~120mgで維持する。
ただし、1日80mgまでの増量は1週間以上、その後の増量は2週間以上の間隔をあけて行うこととし、いずれの投与量においても1日1回又は1日2回に分けて経口投与する。
なお、症状により適宜増減するが、1日量は120mgを超えないこと。

意事項を調べてみた

 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。
※ただし、2回分を一度に服用しないこと。

本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
小児において体重の増え方が悪かったり、成長が遅れることがあります。必ず医師にご相談ください。
抗パーキンソン薬(投与中止後14日以内を含む)をお飲みの方は、本剤の服用をお控えください。

作用を調べてみた

 動悸、口渇、胃部不快感、便秘、発汗、頭痛、不眠、悪心・嘔吐

肝機能障害、黄疸、肝不全、アナフィラキシーなどの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

分を調べてみた

 ストラテラ10mg
Atomoxetine 10mg
アトモキセチン 10mg

◆日本名・その他

 ストラテラ(日本イーライリリー)

 

f:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plain

 クチコミ総数150件

f:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plain

◆レビュー等さらに詳しい情報は

商品画像からお願い致します。

 

f:id:tsmr9982:20180918093423p:plain