R35

個人輸入代行で買える「安心・安全」なおくすりだけを厳選して紹介しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

脳神経の発達を促し、記憶力や判断力「コリン」

 

 品説明

 

 コリンは脳内神経物質アセチルコリンの元になる栄養素で、服用することで、脳神経の発達を促し、記憶力や判断力などを維持すると言われています。同時にビタミンB5を摂取するとさらに有用です。また脂肪やコレステロール代謝を維持する作用も期待できます。

コリンは通常、全卵、肉、脂身、魚、穀物類に含まれており、アミノ酸から生成される栄養素なので、たんぱく質が豊富な食事を摂っていれば不足することはあまりありません。

しかし摂取が不足していると感じた場合は、サプリメント等で補う必要があります。コリンは体内に摂取されると、脳の神経伝達物質であるアセチルコリンの原料となります。アセチルコリンの生成量は加齢とともに減少するため、これをコリン摂取によって補給する考え方が生まれました。

アセチルコリンの減少は、アルツハイマー型老年性認知症の要因の一つと考えられています。脳にしみのような斑点ができる老人班、神経原繊維の変化など脳神経細胞の変化により、アセチルコリンの量が減少します。認知症の各症状はアセチルコリンの著しい減少によると見られており、これは「コリン仮説」と呼ばれています。

このコリン仮説によれば、脳内のアセチルコリン量が減少しているアルツハイマー認知症患者に対して、コリン摂取させることでこれをケアできるのではないかと期待されています。コリン摂取によるアセチルコリン量の維持で、記憶・学習機能のサポートにつながると考えられています。

他にもコリンが不足すると、肝機能が低下し、脂肪肝につながる場合があります。さらに体内でのコリン代謝に関係するビタミンB12葉酸メチオニンも不足すると考えられます。このため、だるさ、めまい、貧血、免疫機能低下、肝臓機能低下などの症状が出てくる場合があります。

 

果を調べてみた

 コリンは摂取後、脳内神経伝達物質アセチルコリンの材料となり、脳の記憶力・判断力を維持させる働きがあります。

法を調べてみた

 1日1粒を目安に、食事とともにお召し上がりください。

意事項を調べてみた

 1日の目安摂取量を必ず守って摂取してください。
高温多湿な場所は避け、涼しい場所に保管してください。

作用を調べてみた

 副作用の報告は特にございませんが、からだに異常が合った場合は使用を中止し、医師にご相談してください。

分を調べてみた

 1粒あたり
コリン(酒石酸水素コリン650mg中)266mg

その他の成分:セルロースステアリン酸、有機コーティング(タピオカマルトデキストリン、ヒマワリレシチン、Sustainable Palm Oil Guar Gum)、シリカステアリン酸マグネシウム

◆日本名・その他

 

 

f:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plain

 クチコミ総数270件

f:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plain

◆レビュー等さらに詳しい情報は

商品画像からお願い致します。

 

f:id:tsmr9982:20180918093423p:plain