R35

個人輸入代行で買える「安心・安全」なおくすりだけを厳選して紹介しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

抗てんかん薬「ラミクタール」

 

 品説明を調べてみあ

 ラミクタールは、抗てんかん薬です。有効成分のラモトリギンを含有しています。

ラミクタールは、脳の神経の過剰な興奮を抑え、けいれん・意識消失などの発作を抑制する薬です。また、抑えることのできない感情の高まりや行動と、憂うつな気分を繰り返す双極性障害における、それぞれの症状を改善します。

てんかんは、脳の細胞が過剰に興奮してその刺激が周囲に伝わることで生じます。ラミクタールに含有されている有効成分のラモトリギンは、脳の神経の過剰な興奮を抑えて、刺激が周囲に伝わりにくくすることで、けいれんや意識消失などのてんかん発作を抑制します。感情をコントロールする部分に働き、ノルアドレナリンドパミンセロトニンなどの過度な興奮を起こす物質の産生・放出をコントロールすることにより、抑えることのできない感情の高まりや行動を抑制し、気分を安定させる効果もあります。

ラモトリギンは、中毒性表皮壊死融解症・皮膚粘膜眼症候群・薬剤性過敏症症候群などの全身症状を伴う重篤な皮膚症状が現れることがあります。医師から指示された用法・用量を必ずお守りください。

果を調べてみた

 てんかん患者の下記発作に対する単剤療法
部分発作(二次性全般化発作を含む)
強直間代発作
定型欠神発作

他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の下記発作に対する抗てんかん薬との併用療法
部分発作(二次性全般化発作を含む)
強直間代発作
Lennox-Gastaut症候群における全般発作

双極性障害における気分エピソードの再発・再燃抑制

法を調べてみた

 てんかんに用いる場合
単剤療法の場合(部分発作(二次性全般化発作を含む)及び強直間代発作に用いる場合)
通常、ラモトリギンとして最初の2週間は1日25mg(25mg錠1錠、50mg錠0.5錠、100mg錠0.25錠)を1日1回経口投与し、次の2週間は1日50mg(25mg錠2錠、50mg錠1錠、100mg錠0.5錠)を1日1回経口投与し、5週目は1日100mg(25mg錠4錠、50mg錠2錠、100mg錠1錠)を1日1回又は2回に分割して経口投与する。その後は、1~2週間毎に1日量として最大100mg(25mg錠4錠、50mg錠2錠、100mg錠1錠)ずつ漸増する。維持用量は1日100~200mg(25mg錠4~8錠、50mg錠2~4錠、100mg錠1~2錠)とし、1日1回又は2回に分割して経口投与する。症状に応じて適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて1日量として最大100mg(25mg錠4錠、50mg錠2錠、100mg錠1錠)ずつ、1日用量は最大400mg(25mg錠16錠、50mg錠8錠、100mg錠4錠)までとし、いずれも1日1回又は2回に分割して経口投与する。

 

作用を調べてみた

 発疹、傾眠、めまい、胃腸障害(嘔気・嘔吐、下痢等)、肝機能検査値異常

中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、薬剤性過敏症症候群、再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、肝炎、肝機能障害及び黄疸、無菌性髄膜炎などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

■日本名を調べてみた

 ラミクタール(グラクソ・スミスクライン)、ラモトリギン(日本ジェネリック、共和薬品工業)、ラモトリギン小児用(日医工沢井製薬東和薬品

 

 

 

f:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plain

 クチコミ総数90件

f:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plain

◆レビュー等さらに詳しい情報は

商品画像からお願い致します。

 

f:id:tsmr9982:20180918093423p:plain