R35

個人輸入代行で買える「安心・安全」なおくすりだけを厳選して紹介しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

統合失調症の治療薬「アスプリト(エビリファイジェネリック)」

 

 品説明を調べてみあ

 エビリファイジェネリック(アスプリト)は、「エビリファイ」のジェネリック医薬品で、アリピプラゾールを主成分とする統合失調症の治療薬です。気持ちの高ぶりや不安感を抑えて、心身の停滞を改善します。統合失調症に限らず、うつや不安、緊張感、興奮を抑えるなど、さまざまな心の不調に使用されています。

統合失調症は、脳の情報伝達系に不具合が生じることで、正しく現実が認識できない、感情のコントロールができないなどの症状の他、幻聴や幻覚、妄想が生じる心の病です。主成分のアリピプラゾールは、脳内の神経伝達物質ドーパミンの働きを調整することで、統合失調症の幻覚や妄想、興奮などの陽性症状、および、無感情や意欲低下、自閉などの陰性症状の両方に効能を発揮します。

尚、主成分のアリピプラゾールは、統合失調症の症状緩和の他、双極性障害の躁症状の改善にも用いられており、強い不安や緊張感、興奮、落ち着きのなさ、怒りっぽさなどの症状を緩和します。

ドーパミン系神経を安定化させる第三世代の抗精神病薬とされているアリピプラゾールは、副作用が少ないという長所から、旧来の抗精神病薬に代わってよく使用されるようになっています。

果を調べてみた

 統合失調症双極性障害における躁症状、うつ病うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)

法を調べてみた

 統合失調症
通常、成人にはアリピプラゾールとして1日6~12mg(0.4~0.8錠)を開始用量、1日6~24mg(0.4~1.6錠)を維持用量とし、1回又は2回に分けて経口投与します。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は30mg(2錠)を超えないようにしてください。

双極性障害における躁症状の改善
通常、成人にはアリピプラゾールとして12~24mg(0.8~1.6錠)を1日1回経口投与します。なお、開始用量は24mg(1.6錠)とし、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は30mg(2錠)を超えないようにしてください。

うつ病うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)通常、成人にはアリピプラゾールとして3mg(0.2錠)を1日1回経口投与します。なお、年齢、症状により適宜増減するが、増量幅は1日量として3mg(0.2錠)とし、1日量は15mg(1錠)を超えないようにしてください。

 

作用を調べてみた

 不眠、神経過敏、不安、傾眠、アカシジア、振戦、ALT(GPT)上昇

悪性症候群、遅発性ジスキネジア、麻痺性イレウスアナフィラキシー、横紋筋融解症、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、低血糖、痙攣、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症深部静脈血栓症、肝機能障害

■日本名を調べてみた

 アリピプラゾール(日本ジェネリック、共和薬品工業、大原薬品、高田製薬、ニプロESファーマ日医工キョーリンリメディオ、武田テバファーマ、東和薬品、高田製薬、MeijiSeikaファルマ、武田テバファーマ、ニプロ、沢井製薬、大原薬品工業、ニプロESファーマ陽進堂)、エビリファイ大塚製薬

 

 

 

f:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plain

 クチコミ総数130件

f:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plain

◆レビュー等さらに詳しい情報は

商品画像からお願い致します。

 

f:id:tsmr9982:20180918093423p:plain