R35

個人輸入代行で買える「安心・安全」なおくすりだけを厳選して紹介しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

脳の神経の過剰な興奮を抑える「ガバドン(ガバペンチンジェネリック)」

 

 品説明を調べてみあ

 ガバペンチンジェネリックは、抗てんかん薬です。日本国内で承認されているガバペン錠と同一有効成分であるガバペンチンを含有しています。

ガバペンチンジェネリックは、脳の神経の過剰な興奮を抑えることで、けいれんや意識消失などのてんかん発作を抑制する薬です。

てんかんは脳の細胞が過剰に興奮して、その刺激が周囲に伝わることで起こります。ガバペンチンジェネリックに含有されている有効成分のガバペンチンは、脳の神経の過剰な興奮を抑え、刺激が周囲に伝わりにくくすることで、けいれんや意識消失などのてんかん発作を抑制します。

ガバペンチンは、体内でほとんど代謝されないことに加え、肝臓における薬物の代謝酵素に対して誘導・阻害作用を示さないため、他の抗てんかん薬との相互作用を起こしにくい薬剤です。

果を調べてみた

 他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)に対する抗てんかん薬との併用療法

法を調べてみた

 通常、成人及び13歳以上の小児にはガバペンチンとして初日1日量600mg(2錠)、2日目1日量1200mg(4錠)をそれぞれ3回に分割経口投与する。
3日目以降は、維持量として1日量1200mg~1800mg(4~6錠)を3回に分割経口投与する。
なお、症状により適宜増減するが、1日最高投与量は2400mg(8錠)までとする。

 

作用を調べてみた

 傾眠、浮動性めまい、頭痛、複視、CK(CPK)増加、サイロキシン減少、抗核因子陽性

急性腎不全、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、薬剤性過敏症症候群、肝炎、肝機能障害、黄疸、横紋筋融解症、アナフィラキシーなどの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

■日本名を調べてみた

 

 ガバペン(ファイザー)、レグナイト(アステラス製薬

 

 

f:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plain

 クチコミ総数60件

f:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plainf:id:tsmr9982:20180918093332p:plain

◆レビュー等さらに詳しい情報は

商品画像からお願い致します。

 

f:id:tsmr9982:20180918093423p:plain